【離婚後の再婚、すぐにできる?】何か月後から可能?実際に離婚後の再婚で起こった最悪なお話。

恋愛・夫婦・LOVE

離婚後に再婚をする可能性は誰にでもあります。

離婚が成立した時点でまた独身になりますから自由に誰でも再婚をすることができます。しかし再婚をする場合には注意しなければいけないこともあるので覚えておきましょう。

離婚後、すぐに再婚はできる?

離婚が成立してすぐに再婚ができるのかというとそうではありません。

男性はすぐに可能。女性は半年後から

男性においては離婚してからすぐに再婚は可能です。

しかし女性は離婚してからすぐに再婚はできません。

再婚禁止期間という期間が決められていて、離婚してから半年がたたなければ再婚ができません。

なぜ女性は半年後から?

なぜこのように女性にだけ再婚禁止期間が設けられているのでしょうか?

離婚してからすぐに再婚してしまうと、もし妊娠した場合におなかの赤ちゃんが前の夫の子供なのか再婚後の夫の子供なのかわかなくなってしまいます。

ですから女性の場合には離婚してから半年は離婚してはいけないことになっています。

もしも離婚してから半年経たないうちに婚姻届を出しても、受理されませんから注意しましょう。

離婚後にお腹の中の子供の親を決定するときには離婚が成立してから300日以内に生まれた場合には前の夫との子供ということになり、
再婚が成立してから200日以降に生まれた場合には再婚した夫との子供ということになっているのです。

こうしておけばお腹の子供がどちらが父親なのかわからないというような最悪のケースを回避することができます。

しかし離婚してから妊娠しているのに、早産などから離婚して300日以内に生まれてしまった場合には、再婚相手の子供で当ても前の夫の子供とみなされてしまいますがこれが問題になっています。

 

実際に起こった我が家の最悪な離婚後の再婚ケース

離婚後に再婚するのは、悪いことではありません。

しかし、離婚してすぐに浮気相手と一緒になられたりしたら腹が立ちます。

また、子供の問題は本当に大きいです。結局、一番振り回されるのは子供なのですから。

離婚や再婚をされる際に参考になるかはわかりませんが、我が家で起こった最悪の離婚後の再婚話を書かせていただきたいと思います。

離婚してすぐ、の再婚話ではないのですが、子供は非常に振り回される、という話です。いろいろ意見もあるかと思いますが、個人の主観でお話させていただきますのでご了承ください。

主人には弟が2人います。

同じ生みの親の母親から生まれた兄弟と、親が離婚後に再婚した育ての親との間に生まれた弟です。

主人には生みの親の母親の記憶は全くいいことがありません。ある日生みの親の母親が出て行ってしまったことにより、子育てが出来ない昭和気質の父親だったため、日中食べるものに困ったり、弟や自分の身を守るために親戚に助けをこうなど、つらい幼少期を送った思い出のほうが強いそうです。

その後、父親は再婚しました。

これがまた頑固で性格の合わない後妻さんでしたが、自分たちを育ててくれ、感謝し、良い関係は築けませんでしたので普通の親子のようにはいきませんでしたが、心の底では自分の母親はこの人だけだと思っていました。

二人の間に生まれた末の弟も、年が離れていることもありとても可愛く思っていて仲良くしていました。

兄弟三人とも大人になり、結婚し、家庭をもち、幸せに暮らしていました。

しかし、ある日、育ての親の母親が突然亡くなってしまいました。

悲しみに暮れ、自分のお世話をしてくれる人もおらず、寂しさに負けた父親は、最初に離婚した生みの親の母親と再会を果たし、同棲し、再婚するといい始めました。

離婚→再婚→死別→再婚

です。しかも、その再婚相手は最初の離婚相手、、、。

長男である主人は怒り出しました。ややこしすぎます。しかも、自分の子供のためにも生みの親とは一生会うつもりはなかったのですから。

さらに、再婚し戻ってきた生みの親の母親と父親は、育ての親の母親と暮らしていた実家に普通に同棲し始めました。

すると、育ての親の母親のお仏壇や写真、遺物が嫌だと言い出し、父親はすべて処分すると言いなり状態。

まだ三回忌も終わっていないので、今後法事の時はどうするの?!その人いたらややこしくない?と聞いても、その時だけ出て言ってもらえばいい、など、二人とも何を言っても話が通じない始末。

そして、主人が一番気にしているのは、一番下の育ての親との間に生まれた末の弟のこと。

母親の仏壇や写真、遺物を処分されたり隠されたりして、末の弟は結婚したばかりなうえに夫婦で海出張中。夫婦の拠点はまだなく、弟の部屋は実家にそのままになっている状態。

日本に帰ってきても、知らないおばさんのいる実家に帰らなければならない上に、取り外された写真などを見て非常に悲しい思いをすると思うのです。

とにかく話の通じない二人だったのでこんなことになってしまったと思いますし、普通ならこんな風にはならないとは思います。

しかし、末の弟は、兄たちの生みの親であるしと気を使い、真ん中の弟はマイペースで我関せず。長男である主人は話の通じない二人に腹立ちを覚え、末の弟を不憫に思う。

今後、お墓とか、老後の問題とか、、、いろいろややこしそうです。

大人になってからでも、子供は親の離婚や再婚に振り回されることがあるのですから、小さな子供にとっては大変な問題です。

私自身が経験したわけではありませんが、、、

離婚、再婚する際には、大いなる決意と覚悟、そして準備と計画が必要です。

かといって、子供のために自分の人生をあきらめることもないとも思います。

暴力などに耐えながら生きるのも、違うと思います。母親の幸せが子供の幸せであるのも間違いのない事実だと思います。

しかし、時には打算も必要です。浮気され離婚の証拠を見つけ、離婚しようか悩んだ末に。やはり子供のために、相手がエリートで将来有望だったため、打算で踏みとどまったケースも見たことがあります。しかし、その後、愛情のあふれる夫婦関係をおくっているかというと、そうではないそうです。

でも、今後のお互いの努力次第でどう変わるかはわかりません。

離婚して幸せになれるのか?なれないか?精神的にも金銭面にも、自分はどうか?こどもはどうか?よく考えてから、離婚、再婚し踏み切ってみてはいかがでしょうか?

コメント